振袖姿で一日すごせるか!? 成人式の乙女たちへ・・・

着物ブログへようこそ!
本日はちょっと多めに更新しています。
さてさて、本日のテーマは「成人式」

管理人はちょっと昔に(ええ、ちょっと!!)すませてしまいましたが、美容院の予約が朝5時とか告げられて呆然としている乙女も数々いることとお察しします。

では、朝5時から振袖を着て、そしてその後一日耐えていられるか。

たぶん・・・ムリです。

着物を何回か着たし、大丈夫よ〜と楽観的に考えているあなた、甘い!
問題は、帯と草履なんです。

普段着着物の時に使う帯は「名古屋帯」「半幅帯」が主流。
だけれど、振袖姿の時には「丸帯」「袋帯」という帯を使います。
おそらく金糸銀糸でたっぷり刺繍をした重たい帯!
それをふくら雀や文庫結びなど、派手な結び方でむすぶのが若い乙女の盛装ですから、背もたれにはいっときたりとももたれられないし、もしかしたら小さいいすではほんの少ししか座れないかも。

また、歩きなれない人にとって、礼装用の草履は拷問です。
私は成人式の会場付近までは歩きやすい靴かサンダルを履いていき、会場だけで草履を履くことをオススメします。

そうでないと、親指と人差し指の間はもちろん、足袋をはいていてさえ足の甲に傷を造るかもしれませんよ〜〜〜〜〜

成人式の一日は懐かしい地元の友達に会える貴重な日。気分良く過ごすために、足下から、注意を払うのがオススメです!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。