着物と小物。帯揚げと帯締めの選び方。

着物ブログへようこそ!
紅葉を散らす冷たい雨です。
「ちちんぷいぷい」の京都中継に見入ってしまいました。

舞妓さんのお稽古着物って、肩揚げしてあるんですね。
っていうか素顔もカワイイぞ〜。

さてさて、着物と帯を選ぶのは感性っていうか、好きなように選んじゃいますよね。コントラストが強いよりは、全体を統一した方がより上品に見えるけど・・・・

その次に困るのが、帯揚げと帯締めじゃありませんか???

VFTS0004[1].JPG.jpg

この写真では、私はオレンジの絞りの帯揚げを締め、同系色の紅色の帯締めをしています。
なぜかと言いますと、花模様なんですが、その中にオレンジ色が入っているから。

そのほかに、緑や薄い青なんかでも良いかもしれません。

つまり、帯揚げと帯締めは、着物の模様の中にある色から選ぶ、というのが定石なのです。
着物の色が紺で、ほとんど模様がない、とか、色無地である、というときは帯から拾ってもキレイかも。

緑の着物でも、オレンジ色の帯揚げ、帯締めを使うと若々しいですし、緑をつかうとぐっと大人っぽくなります。

一つの着物をコーディネートするのに、帯揚げ帯締めのバリエーションを使うのも、着物上級者への道♪ですよね。


帯揚げと帯締め 購入するならこのページからどうですか?
日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場にリンクします)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/28147142
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。