京都でお着物 お茶会へ!

着物ブログへようこそ!
ひとつ年をとったけど全然変わらない管理人です。

さて、今日はお茶のお稽古の日。
御菓子は「収穫祭」でした。皮の色といい、感じといい、どう見てもカボチャだったんですが、カボチャは夏のものですし・・・

みかん?

でもミカンにしてはお色がねえ・・・

と。

和菓子は名前が付いてしまえばそれまでなんですけど、見た目で悩むような品はちょっと勘弁していただきたいかも。

で、今日、社中の奥様に京都大徳寺の茶会に誘っていただきました★
今週末の土曜日、秋の京都を堪能してこようと思ってます。

うーん・・・どの着物を着ようかな〜〜〜

ちなみに、大徳寺のお茶会というのは一般に開放されていまして、当日行って席のチケットを1000円で購入すると、どなたでもお茶を楽しむことができます。外国からたまたまいらした観光客の方なんかもいらっしゃるそうですので、お茶の心得がなくても気にすることはありません。
 ただ、やっぱり気になる〜〜という人は、はじめて学ぶ客のマナーという本がありますので、一読されて行かれてはいかがでしょうか。

はじめて学ぶ客のマナー
堀内 宗心
世界文化社
売り上げランキング: 59,970



 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26095117
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

京都と和菓子
Excerpt: 京都の和菓子は、宮中や公家、寺社、茶家におさめたり、特別なお祝いのためにあつらえる上菓子とふだんに食べる....
Weblog: 取寄せスイーツ/デザートレシピ【和洋菓子・ダイエットレシピ】
Tracked: 2006-10-31 23:28

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。