着物びんぼーだと思われないように

着物ブログへようこそ!「花より男子」の再放送(関西地区)お茶の作法についクレームをつけようかと考えてしまうわたしってやっぱりおばかだと思う今日この頃です。

明日、あさってはお茶の講習会。明日は資格者の方で、あさってが一般なので、明日から単衣の着物を風にとおしてあさってに備えます。
本当のことを言うと薄物で行きたいくらい暑そうなんですが、いちおう8月終わってるので、単衣の着物です。

着物って、基本「先取り」なんですよね。着物に限らず、和のものってだいたいそうかな?追っかけるんじゃなくて、ちょっと先のものを取り入れるのがおしゃれ。

だから、5月下旬には単衣を、6月の終わりだと単衣じゃなくて薄物をきるのです、って説明されますが、先取りさきどり〜〜〜と思っていると、ひとつ落とし穴があるんです。

それは「秋の袷は先取りしない」ということ。着物を着る時期といいますと、10月から5月いっぱいがあわせ、6月が夏の単衣、7.8と薄物を着て9月に秋の単衣、なんですが、9月末はどれだけ寒くても袷は着ないんですって。

それはね。

着物を持っていない」と思われるから!

季節にあわせたきものを買いそろえてない人、って見られるらしいです。そんなものなのよ、っていわれれば、私なんかは納得するしかないわけですが。
近年は10月はじめというのはまだまだ暑いですから、袷の着物なんか最初っから着るチャンスないし、気にしなくていいですよね。

去年なんか、私の誕生日の頃まで「単衣着たいわ〜〜〜」って。
地球温暖化なんでしょうか???
不思議です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。