着物コーディネート 格あわせの話 最終回

着物ブログへようこそ!

毎日暑いですねえ。熱中症にはご注意ください。夕涼み、すいか、打ち水…
日本人の知恵には涼しくなる工夫がいっぱい。

残り少ない夏休みを楽しみましょう!


さて、格あわせの話。
最後は振袖です。
一般に、成人式で着る振袖は大振り袖といいます。
そろそろレンタルとかいろいろ出ていますが・・・
新成人の方、お母様、お父様、美容院はお早めに予約しましょうね。
私は美容師の方から「うちで絶対やってよ!」と18の時から言われていたおかげで何とかなりましたが、お向かいのお嬢さんは朝5時にきてくださいといわれて、振袖を断念したそうです。

やっぱり成人式にはお振袖をということで娘さんが殺到するので、とんでもない時間になるんだそうですよ。

成人式自体はそんなに時間がかからないですが、朝の五時から着物を着ていたらくたびれきってしまいます。
また、美容師さんによって髪型の雰囲気とかあると思いますので、打ち合わせは念入りに。

着物自体は、一生一度の晴れ着なので、本人が着たい柄を着るのが一番かなあ。

振袖の時はもう、本人は立ってるだけぐらいでしょう。そうですね。肌襦袢と裾よけくらい自分で着られるようになっておけばいいでしょうか。
帯が丸帯なので、一人で結ぶのはとてもとても。
 飾り結びは素人がやるより、本職に頼む方がいいかなと思います。
 
どうしても自宅で、というのであれば、本を買ったり、習いにいったりして冬中、親子で練習しないといけないんじゃないかな?

写真館も、今は前撮りとかありますしねえ。

というわけで、今回は振袖というより成人式のお話で終わりましたが、ながながとおつきあい、ありがとうございました

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22551010
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。