着物見物in京都なお稽古のお話

着物ブログへようこそ!いつもウェブ拍手、ランキング応援ありがとうございます。みなさまのお志が管理人の支え。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

さすがに2週間連続名古屋からの朝帰りはきつかった(笑)朝7時30分発の電車に乗ればお稽古に間に合うんですが。中で眠れなくて・・・あくびをかみ殺すこと、数回。
 Seattle's best coffeeでホットコーヒーを500ccばかりがぶ飲みするという荒技でカフェインを補給し、何とか目覚めた私です。

昨日のお古は薄茶と盆点前。先生から「今度習事のお免状がいただけるようにしましょうね」といっていただけました。確か年末が目安かな?
これでお濃茶の練習ができます!

珍しいことに、お引っ越しなさってお教室を移られた方がご挨拶にいらっしゃいました。その方は久留米の方に移られたんですが、九州はお茶がとても盛んなお土地柄だそうで。時々、わざわざ京都までいらしたりするんだそうです。祇園祭の時も、お茶会にいらして、そのお話がまた興味深いの。

 お茶屋さん、っておわかりになります? いわゆる、舞妓さん、芸子さん遊びをするところ。合コンのコンパ芸の発祥地(笑)なんですけど、そちらでもお茶のふるまいがあったんだそうです。
 そうすると、舞妓さんがね、お茶席にいらしてくださって、名刺をもらったり、お話をしたりできるそうなんですけど・・・
 祇園祭だから、夏じゃないですか。

 そうすると、夏の振袖が見られるんですって!!絽の振袖!
成人式は1月だし、新成人以外にお振袖作る人なんてそうはいませんから、な都濃振袖なんか滅多に見られるものじゃないでしょう。
(夏着物の生地はただでさえ生産量が少ないので、よほどの出費を覚悟しない限り反物を見ることすらできません。私もそろそろ、振袖を着る年ではないですしね・・・)

 お茶席が5席あって、たしか1万円っておっしゃったかな。京都でそれだけだったら絶対お得だなあと思ってしまいました。
 奈良って、意外に京都の情報が入らないというか、灯台もと暗しで大変なんですが、これからは一生懸命情報収集をしなくちゃ、と思います。

 どうしても!夏の振袖が見たいんだ〜っという貴方は、近所のアンティーク着物ショップか、もしかしたらYahoo!のオークションをのぞくといいかもです。
 ヤフオクは落札、入札にYahoo!のプレミアムIDが必要ですが、それをさっ引いても、商品の豊富さがほかと違ってお得。
 まあ、だまされないように気をつけなくちゃいけないのは、確かなんですが・・・
 最近、AmazonとYahoo!でしかネットショッピングをしなくなりました。ボーダフォンも持ってるし、なんか私、策略にもはまってる??

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。