着物で雨に降られたら

着物を日常着にするときに一番やっかいなのは、雨。
今日は着物でお出かけしようかな〜と思っていても、ちょっと雨が降りそうだったら、嗚呼、やめよう、っておもいませんか?

夏祭りに浴衣デビューしようと思っても、雨なら当然中止になってしまうし。夏着物でせっかくおしゃれしようと思っても、雨がふってしまえば全部台無し。

けれど、お茶会や参観日、特別なディナーやお芝居見物など、どうしても!着物を着たい日って、ありませんか?

そういう日は、まよわず「洗える着物」。着物にうるさいひとは「洗える着物なんて・・・」と眉をひそめる向きもありますが、技術の進歩によって普通の反物と見分けがつかなくなってきましたし、雨が跳ねることを考えると、少々は仕方ないかなって思います。

そして、替えの足袋を必ず持っておくことが大事。足袋がぬれると気持ち悪いんですよ〜。履き替えるとき、立ったままだとこはぜがしんどいので、流行の足袋ソックスを使うのも手だと思います。



 レースの足袋ソックスなんかもステキですよね。

 そして、草履のつま先には爪掛をわすれずに



 
 雨にも負けず、風にも負けず(風は大変ですが・・・)着物姫生活を楽しみたいと、心から思います!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。