着物の夏・・・絽と紗

一般的に真夏の着物のことを「うすもの」といいます。
7月、8月に着る着物はその下に着ている長襦袢が透けて見えるほど薄く織ってあるので、そう呼ばれるようです。
(中が見えるので、真夏の長襦袢は白を使うのが一般的)

薄物は大別して2種類。 「絽」と「紗」。
よく売られているのは「絽」かな。最近、洗える絽の着物が一万円!なんてびっくり価格も出るようになってきました。着物ブームが呼んだ現象ですね。ちょっと嬉しいかも?

じゃあ、絽と紗って何かといいますと・・・
えーと、きもの読本によるとですね・・・

紗:古くからある織物で、編み物のような複雑な折り方が特徴。隙間が多くて通気性に富む。紗の着物は肌触りがよくて着心地軽やか。光を受けると水紋のように見えるという美的効果も。

絽:紗の変形したものでほとんど染下生地として使われる。絽目を入れて、紗ほど隙間が多くないようにしてある。三本絽、五本絽という風に種類がある。また「立て絽」「よこ絽」「駒絽」「平絽」などの種類があり、涼しさと染めの美しさの両方が求められる。 (一部抜粋して引用しました)

つまり、夏物で織物が紗で、染め物が絽というとらえ方をずっとしていたんですが、コレは間違い???(すいません。母も「忘れた」って行ってました。講師のお免状持ってるのに)

後、夏の織物は「羅」がありますが、これは神社の巫女さんの服など、特殊なものにしか使われていないそうです。

 真夏は暑くて、外出着として着物を着るなんて事は滅多にしないんですが、いつかはきちんとした薄物も持ちたいと思ってます。今年は幸か不幸か真夏のお茶会がないので・・・貯金しとこうっと。


【楽天フリマ】の名物企画「質屋さん特集」開催中!
ブランド品や高級腕時計を激安でゲットしちゃおう!


 着物も時々すんごく良いのが出品されています。昨年は帯をゲットしちゃいました(笑)お宝探しならココですね。

 毎日新着商品100点!月間新着点数3000点以上!

訪問着・振袖・留袖から袋帯・名古屋帯や和装小物まで、

お好みの一品にきっと出会える京都きもの市場へどうぞお越しください。

 しっかりしたお見立て、本場西陣の商人さん・・・そういうおつきあいならココ。アフターフォローが万全です

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18598776

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。