黒留袖と色留袖

一つ前の記事でも、黒留袖と色留袖について書きましたが、今度はもうちょっと身近なラインで記事を一つ。

黒留袖というのは、結婚式の時に新郎新婦のお母さんが着ている、黒におめでたい模様が入った着物のこと。
もともとは、結婚する前の振り袖の袖をきって留めたから、留袖というそうです。色は染め変えだったんでしょう。
今は振袖の袖をきって、訪問着にしてくれるサービスもあるらしいです。
既婚女性の第一礼装。
 びしっと決まるとカッコイイです。

 色留袖、というのは黒ではない色の地で作られた留袖のこと。訪問着とどう違うの?と思われるかも・・・ですが、訪問着は絵羽模様なので、そのあたりが違うみたい。ただし、着物道を奥深くまで極めるつもりでなければ、そんなに気にしない気にしない。ですね。
 
 留袖というのは礼装なので、黒留袖は五つ、色留袖は一つまたは三つ、家紋が入ります。

 ここで注意!アンティーク着物ショップで、紋が入った着物を買ったら、必ずその紋ははずすか、自分の家のものに付け替えてもらいましょう。家紋はいわば名札、名刺。
 他人の名札をぶら下げて街を歩きたくはないですよね?
 とくに、紋付きのような格の高い着物を着ていく場というのは、場所自体に格式があります。
 そこに、よその家の家紋をつけていくというのは・・・・

 やっぱり、やめておいていただきたいですね。

 まずは小紋やウール、木綿のような普段着着物から、いつかはゴージャスな訪問着まで。
 着物美人の夢はつきません。

 お気に入りがきっと見つかる!京都きもの市場

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17717368

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。